ゴルフの体重移動はかかと?つま先?理想的なタイミングとは?

上達
この記事は約4分で読めます。

ゴルフスイングにおいて「つま先重心」「かかと重心」はどちらが良いのか?

いろんな議論がなされていますが、あなたはどちら派ですか?

私は個人的に身体の構造を考えると、「つま先とかかとを移動する」のが正解だと思っています。

というか、その方が身体が自然な動きができて無理がかからないと思います。

その理由を今回は説明していきます!

こんにちは!
いつもご覧いただきありがとうございます。

ゴルフフィジオトレーナーのケイです。

スイングを4つのフェーズに分けて重心移動を考えてみようと思います。

まずは、アドレスからいってみましょう!

スポンサーリンク

アドレスで前傾するとつま先重心になるのが自然

アドレスでは自然に構えると「つま先重心」になると思います。

なぜなら、前傾をするからです。

前傾をすると上半身は前に移動しますよね?

そうすると重心も前方に移動します。

重心が前方に移動するということは、つま先の方へ重心が移動するということです。

アドレスの重心位置

ではかかと重心でアドレスをとるとどうなるのか見ていきましょう。

かかと重心になるということは、重心がかかとの上にくることになります。

試しにかかとだけで立ってアドレスをしてみましょう。

どうなりましたか?

多くの方はひざがぴーんと伸びてしまったと思います。

つまり前傾したままかかと重心にするにはひざを伸ばさないといけないのです。

ひざをぴーんと伸ばしたままではテークバックに移行できずにスイングしづらいですよね?

なのでアドレスにおいては「つま先重心」が自然かと思います。

テークバック〜トップでは股関節を使うためにかかと重心

次にテークバック〜トップについて考えてみます。

テークバック〜トップは「右かかと重心」が理想だと思います。

テークバックは右に回転していく動きです。

この時に一番必要な身体の動きは「右股関節の内旋」です。

この内旋が入らないと、トップが浅くなったり体重移動ができません。

では内旋をするためには重心はどこにあれば良いのでしょうか?

まずはつま先立ちで身体を右に回してみましょう。

すると右ひざが伸びてきてしまいます。

これでは股関節の内旋は入りません。

次にかかとに重心をおいて右に回ってみます。

すると、右足の踏ん張りが効いてひざが伸びずに股関節が内旋してきます。

テークバックの重心位置

つまりテークバックではかかとに重心を置くことで、しっかりと右の股関節の内旋ができるのです。

さらに股関節の内旋が入らないと、右に重心移動ができません。

そのためつま先重心では左に突っ込んだテークバックになりやすいです。

テークバックの重心位置

そして綺麗なトップが出来上がります。

では次にダウンスイング〜インパクトをみていきましょう

ダウンスイング〜インパクトでつま先に重心は移動する

ダウンスイングからインパクトまでに重心は「右のつま先」に移動します。

インパクトの姿勢を考えると身体は左に回っています。

身体をしっかり左に回そうとするなら、下半身はどう動くべきでしょうか?

この時、右足は同じ方向に回っていく必要があると思います。

なぜなら足が正面を向いたまま体を回すには限界があるからです。

前にベタ足スイングの記事でも考察しましたが、足が止まっていると身体も止まりやすくなります。

ベタ足のまま身体を回すのと、かかとを浮かせて回すときの範囲を比べてみましょう。

かかとが浮いた方が身体は大きく回りますよね?

インパクトの重心位置

つまり身体がしっかり回ったスイングをするには、つま先に重心が移動することが必要なのです。

では、最後にインパクトからフィニッシュにかけてはどうでしょうか?

インパクトからフィニッシュにかけて左かかとに移動

フィニッシュに向けて、重心は「左のかかと」に移動します。

なぜかというと、フィニッシュでは身体が前に流れないように踏ん張る必要があるからです。

つま先に重心があってはスイングの勢いを受けきれず、前につんのめってしまうことになります。

しかし、かかとに重心があることで左足への体重移動の勢いと回転の勢いを左足でしっかりと受けることができます。

フィニッシュの重心位置

さらにつま先に重心が乗ると足首が内側に入りやすく、捻挫の危険性が出てきます。

フィニッシュで片足立ちをしようと思ったら、つま先重心ではバランスが取りづらいですよね?

そのためかかとに重心が移動してくる方が安定したスイングになるのです。


ただし正確には「かかと寄りの重心」で、足全体で踏ん張ることが重要です。

これは他のフェーズにも言えることですが、上半身を回してスイングをしていくには下半身が安定してることが必須です。

そのためには重心の位置も考慮した上で、足全体で地面を捉えておくのが重要です。

重心移動のまとめ

ここまでの重心移動の流れをまとめるとこんな感じです。

理想的なゴルフの重心移動

左つま先をスタートして8の字を描くように移動していますね。

このように移動していくことが、身体の構造上スムーズにスイングしていくのに重要なのだと思います。

何かわからないことがあれば気軽にメッセージ待ってます!

ここまでご覧になっていただき、ありがとうございました!

上達
スポンサーリンク
ケイ

<資格>
理学療法士(整形外科勤務)
EAGPT Golf Physio Trainer

<活動内容>
北海道のゴルファーの競技寿命を伸ばすために、メディカルチェックなどの活動をしています。

SNSもやってます!よければフォローしてくださいね!
参考になったらゴルファー仲間にもシェアしてください!
SNSもやってます!よければフォローしてくださいね!
スポンサーリンク
ゴルフィジオ
タイトルとURLをコピーしました