股関節の回旋ストレッチをしよう。体が硬いゴルファー必見

ケガ&痛み
この記事は約5分で読めます。

この記事では、

・股関節が回っていない
・体が硬くてスイングがぎこちない

と言われている方に向けて、股関節の回旋を柔らかくするストレッチを紹介します。

ゴルフスイングで多くの動きを締めるのは胸椎股関節です。

ほとんどの方が胸椎も硬いので合わせてやっておくと効果的ですよ!

まずは股関節の回旋という動きから確認していきましょう!

スポンサーリンク

股関節の回旋とは??

股関節の回旋とは「太ももの縦軸を中心に回る」動きです。

股関節はボールのような形をしているので前後左右に動き、さらに回旋もします。

股関節はボールのような形状

前後方向は屈曲伸展という動き。

股関節の屈曲と伸展

左右方向は外転内転と呼びます。

股関節の外転と内転

この中でもゴルファーにとって重要なのは回旋という動きです。

動きがわかりづらいのでイラストでみていきましょう!

股関節の回旋は外旋と内旋

回旋という動きは、太ももの正面が外側と内側に向く動きです。

先ほどの屈曲や外転は常に太ももが正面を向いた状態でしたよね?

回旋は太もも(大腿骨)が捻れる動きです。

太ももの正面が外を向く動きを外旋

股関節の外旋

逆に内側を向く動きを内旋と呼びます。

股関節の内旋

ゴルフも回旋運動なので、この動きが重要そうなのがわかりますね!

うつ伏せではこんな感じになります。

股関節の外旋と内旋

ゴルフスイングで例えると、テークバックからトップに持ってきたときは右の股関節は内旋しています。

逆に左の股関節は外旋していますね!

フィニッシュの時には左右が入れ替わり左の股関節が内旋し右が外旋しています。

では股関節の回旋が硬くて制限されていると、ゴルフスイングにどんな影響があるのでしょう?

股関節の回旋がゴルフにおいて重要な理由

実はゴルフスイングの動きの半分は股関節が占めています。

つまりスイングが硬い=股関節が硬いとも言えます。

このことよりスイングに与える影響としては、

・トップの浅いスイングになる
・ 他の関節でかばって故障の原因になる

ということが考えられます。

トップが浅くなりやすい

トップが浅くなるとどうなるのでしょう?

アウトサイドインのカット軌道になったり、飛距離が落ちたりします。

トップを作った時、身体は右に90 度回旋しています。

そのうち45°は股関節の動きです。

股関節と肩がそれぞれ45°回る

そのため股関節が硬いとスイングに与える影響が大きいのです。

腰やひざに負担がかかりやすい

もう一つは腰やひざに負担がかかりやすいことです。

先ほどのようにトップが浅いと、無理にひねろうとしてしまいます。

そうするとひざか腰を捻ることになります。 

実際に股関節が硬いと腰の動きが大きくなるという研究もされています。

ひざも腰もひねる動きには強くありません。

そうするとどんどん負担がかかっていきます。

スイング1回は小さな負担でもそれが積み重なると大きな故障の原因になります。

つまり股関節が硬いとスコアも身体も悪くなるんですね。

股関節の回旋のストレッチの方法

では実際に股関節の回旋のストレッチを紹介していきます。

今回は立って行うストレッチですので用意してもらうものは一つ。

椅子です!

もしくはソファーです!

自分のひざぐらいの高さのものが理想です。

外旋と内旋で方向が違うのでそれぞれを紹介していきます。

股関節外旋ストレッチ

外旋の復習ですが、体の正面に対して太ももが外に向く動きです。

股関節の外旋

まず椅子にストレッチしたい方のひざをのせます。

股関節の外旋ストレッチ

この時に足の外側が背もたれに当たるようにしてください。

座面が硬くて痛い方は、タオルなどを敷くといいと思います。

この状態から、おへそを背もたれと逆の方向(画像の場合は反時計回り)に回します。

股関節の外旋ストレッチ

足は背もたれに押されて止まっているので、身体とは一緒に動きません。

こうすることで外旋のストレッチになります。

痛みがない範囲で30秒くらい止めます。

3〜4回繰り返します。

あくまでも痛みがない範囲を守ってください!

股関節内旋ストレッチ

次に内旋のストレッチです。

今度は足の内側が背もたれにつくようにひざをつきます。

股関節の内旋ストレッチ

この状態から背もたれと反対方向(画像では時計回り)におへそを向けていきます。

股関節の内旋ストレッチ

これが内旋のストレッチになります。

先ほどと同じく、30秒を3〜4セット繰り返します。

外旋に比べて回りにくいと思います。

無理しないように行いましょう!

まとめ

今回は股関節の回旋についてまとめました。

股関節の動きには、

・屈曲と伸展
・外転と内転
・外旋と内旋

があるということでした!

その中でも外旋と内旋という動きが硬くなりやすく、ゴルフにも重要なんですね。

ストレッチ自体は自宅にある椅子などで出来るので、時間がある時に続けてやってみてください。

股関節が柔らかくなればスイングも変わりますよ!

ストレッチはできればゴルフの後にやることをおすすめしています。

理由はこちらにまとめています。

継続は力なりですので、この記事を読んだ後から早速はじめてみましょう!

ケガ&痛み
スポンサーリンク
ケイ

<資格>
理学療法士(整形外科勤務)
EAGPT Golf Physio Trainer

<活動内容>
北海道のゴルファーの競技寿命を伸ばすために、メディカルチェックなどの活動をしています。

SNSもやってます!よければフォローしてくださいね!
参考になったらゴルファー仲間にもシェアしてください!
SNSもやってます!よければフォローしてくださいね!
スポンサーリンク
ゴルフィジオ
タイトルとURLをコピーしました