ゴルフスイング中に右ひざの角度を動かさないように固定するには?コツや練習法を解説!

トレーニング
この記事は約7分で読めます。

「右ひざは動かさないほうがいい」

と、わかっているけどなかなか角度を維持できないという方に向け、右ひざを動かさないコツや練習方法を紹介していきます。

こんにちは!
いつもご覧いただきありがとうございます。

ゴルフフィジオトレーナーのケイです。

私たちGPTのヘルシースイングにおいても、右ひざはある程度動かさないほうが良いとされています。

それはスイングの精度が良くなるのと同時に、身体を正しく使って負担をかけないようにスイングできるようになるからです。

スポンサーリンク

右ひざの角度を動かさないメリットはなに?

まず右ひざを動かさないほうが良いという理由を私なりに、身体の仕組みから考えてみたのでご紹介します。

ちなみに今回の「右ひざが動く」というのは、

右打ちの方がテークバックからトップにかけてひざが伸びる、または内側に入ることと定義しています。

しっかりと股関節に体重移動して回旋できる

まず一つ目はしっかりと右足に体重移動ができるようになるという点です。

右ひざが動いてしまう方の多くは伸びてしまうことに悩んでると思いますが、ひざが伸びてしまうことで右足にしっかりと体重をかけることができません。

その結果トップを作っても左足に体重が残ってしまい、リバースピボットのような前に突っ込んだ形になってしまうのです。

また右ひざが動いてしまうことで、テイクバックからトップにかけて右の股関節がしっかり回旋できません。

股関節がしっかり回旋できないと深いトップを作れないだけでなく、腰にも大きく負担がかかってしまいます。

右の股関節の重要性に関してはこちらで以前に紹介してますので参考にしてみてください。

インパクトで床反力をうまく使うことができる

2つ目のメリットは「床反力」をうまく使うことができることだと思います。

スイングにおいて床反力を使うには、ひざを伸ばして床に押す力を伝えることが必要です。

しかしひざが最初から伸びてしまうことにより床を押す力が弱くなるため、インパクトにおいてしっかり床反力を使うことができません。

ジャンプする時も床反力を使っているのですが、その場で高く飛ぼうと思った場合は1回ひざを曲げないと力が入らないですよね。

詳しく知りたい方は以前に床反力の解説を書いたので参考にしてみてください。

右ひざがいろんな方向に動くと痛めやすい

三つ目が一番重要で、ひざを痛める可能性があるということです。

ひざは本来まっすぐにしか曲げ伸ばしできません。

ひざ関節は蝶番のような構造

しかしテイクバックした時につま先に対してひざが内側に入ってしまったり、逆に伸びすぎてしまったりすることでひざに大きな負担がかかります。

そのままスイングしていくと回旋ストレス(ねじれ)が加わるため余計にひざに負担がかかってしまいます。

そのためひざはつま先と同じ方向を向いたままで軽く曲がっている状態が理想であると思われます。

なぜ右ひざが固定できないのか?

ではなぜ右ひざを固定できないのでしょうか?

理由としてはゴルフスイングが常に動き続けている点と、ひざは他の関節からの影響を強く受ける点にあると思います。

テイクバックで慣性が働いているから

一つ目はテイクバックの慣性かんせいによりひざが伸びてしまう理由が考えられます。

慣性とは動き始めたものがずっと動き続ける性質のことです。

ゴルフボールであれば一度転がったものは転がり続けます。

しかし芝の摩擦があるため、いずれはと止まってしまいます。

慣性の法則

これが摩擦がなければずっと転がり続けることになります。

これを慣性と呼びます。

スイングにおいてはテークバックで右回りに体は動きます。

そうすると右に回り続けようとする力(慣性)が働きます。

それにより骨盤も右に回ってくるのでひざが伸びやすくなってしまいます。

まっすぐ立った状態で右に大きく振り返ってみてください。

右ひざが伸びやすくなりませんか?

これが右ひざが動いてしまう1つ目の原因だと思います。

股関節が硬くてしっかりと回旋できていないから

2つ目の原因は股関節が固いパターンです。

テークバックをするときには右の股関節は内旋していく必要があります。

内旋に関しての詳しい記事は以下を参照してください。

この股関節の内旋が硬い場合、骨盤を回旋させるためにひざを伸ばすことで代償することがあります。

そのため股関節が固い方はいくらひざを動かさないようにしようとしても、動かさざるを得ない状態になっていると言うことです。

どうしても動いてしまう方はまずは股関節の柔軟性をチェックしてみましょう。

右ひざを動かさないためのコツと練習法は?

では実際に右ひざを動かさないためにはどのようなコツがあるのでしょうか?

意識すべき点と練習方法を紹介していきます。

真逆に動かすイメージを強く持とう

まず1つ目コツはひざを逆に動かすイメージを持つと言うことです。

人間の体は自分が思うよりも動いています。

つまりひざが伸びてしまう方は、止めているつもりでも伸びる方向に少しは動いてしまっているのです。

そのため逆にひざを曲げるイメージを持つことでプラスマイナスゼロなる事が多いです。

自分の感覚と実際の動きにはズレが生じるので、直すときには大げさに直すということが大事になります。

実際の動きと感覚のズレを知らないといくらイメージを持って練習していても上達しません。

まずは自分のイメージと実際のイメージがズレていることを認識することから確認しましょう。

右股関節の回旋を意識する

2つ目のコツはひざではなく右の股関節を意識することです

先ほどテイクバックにおいては右の股関節の内旋と言う動きが必要だと説明しました。

なのでその内旋の動きを意識します。

意識する方法としては右のそけい部にしわを寄せるイメージです。

シワを寄せるように内旋をイメージすることで右ひざを動かさないように意識することができます。

注意点としてはシワを寄せようとするあまりひざが内側に入ってしまうことがあります

そのためあくまでも膝を動かすのではなく骨盤を回してくる際に鼠蹊部にシワが寄るといったイメージです

ゴムバンドを使って固定するトレーニング

最後に練習法を1つ紹介します

それはゴムバンドを使ったトレーニングです

以前の記事でもゴムバンドを使ったトレーニングを紹介しましたが同じようなもので構いません。

最近ではダイソーなどの100円ショップにもトレーニング用のゴムバンドが売っているから驚きです!

やり方としては、まずゴムバンドを後ろから引っ張るようにひざにかけます。

そのままアドレスの形を作ります。

ひざを固定するトレーニング

こうするとひざには伸びる方向への力がかかっている状態になります。

このままひざが伸びないように意識して、テークバックのように身体を右に回旋していきます。

ひざを固定するトレーニング

このようにして右ひざが動かないように意識してトレーニングすることができます。

このトレーニングを行う上で意識することは先ほどのコツでも述べたように、

・ひざを少し曲げる意識(伸びるのと逆に動かす意識)
・右股関節の内旋(鼠けい部にシワが入るように)

の2点です。

ちなみにゴムバンドを結ぶところがなければ誰かに引っ張ってもらってもかまいません。

また、ゴムバンドの強さは自分が耐えられる強さに調整してください。

弱すぎても意味はありませんが強すぎてもひざ伸びてしまったり、こらえるためにフォームを崩してしまうことになりますので注意です!


もう一つ、外側からゴムバンドをかけるトレーニングも紹介します。

今度はひざが内側に入らないようにするトレーニングで、やり方は先ほどと大きく変わりません。

ゴムバンドを外側に引っ張るようにかけアドレスをとった状態から、

ひざを固定するトレーニング

テークバックのように右に回旋していきます。

ひざを固定するトレーニング

ちなみにどちらのトレーニングも左ひざは動いても大丈夫です。

関節の構造上、左ひざは前に出ないと骨盤が右に回旋していかないからです。

これらのトレーニングを繰り返していくと、右ひざを固定する感覚が身につきます。

ぜひ試してみたください。

まとめ

今回はスイング中に動いてしまいがちな、右ひざについて解説しました。

意識の仕方は人それぞれ好みがあると思うので、自分に効果的な方法を選んで取り入れてみてください。

気づかないうちにひざが崩れていることが多いので、定期的にスイングを撮影して確認してみるのが良いです!

今すぐトレーニングを初めてみましょう!

トレーニング 上達
スポンサーリンク
ケイ

<資格>
理学療法士(整形外科勤務)
EAGPT Golf Physio Trainer

<活動内容>
北海道のゴルファーの競技寿命を伸ばすために、メディカルチェックなどの活動をしています。

SNSもやってます!よければフォローしてくださいね!
参考になったらゴルファー仲間にもシェアしてください!
SNSもやってます!よければフォローしてくださいね!
スポンサーリンク
ゴルフィジオ
タイトルとURLをコピーしました