ゴルフで左肘の外側に痛みがある。実はそれもゴルフ肘です!原因と対処方法は?

ケガや痛みの予防
この記事は約8分で読めます。

なんか最近ゴルフをしていると左肘の外側が痛いな?

でも調べてみるとゴルフ肘は右肘の内側だし違うのかな。

と思ってここに来た方が多いのではないでしょうか?

実は他ではあまり取り上げられませんが左肘の外側が痛いのもゴルフ肘なんです。

今回は左肘の外側が痛くなるゴルフ肘の原因と対処法を解説していきます。

この記事を読んで早めに対処していきましょう!

ちなみに有名な右肘の内側のゴルフ肘は前に解説しています。

詳しくはこちら!

随時更新中!!ゴルフ用ストレッチやトレーニングまとめはこちら↓↓
スポンサーリンク

実はゴルフ肘は左肘にも右肘にもあるんです

そもそもゴルフ肘というのは正式な医学用語ではないんです。

五十肩ぎっくり腰もそうですが、 いわゆる俗称です。

その名前がある一か所の病変を表してるわけではありません。

つまり同じ名前(ゴルフ肘や五十肩)でもさまざまな原因があるのです。

ゴルフ肘は多くの場合、右肘の内側に痛みが出やすいためこちらが有名です。

しかし左肘の外側が痛くなるゴルファーも実は多いんです。

左肘の外側が痛いのは多くの場合「上腕骨外側上顆炎じょうわんこつがいそくじょうかえん」というものです。

知ってる方もいるかもしれませんが実はテニス肘のことです。

テニス肘

テニスの場合はバックハンドで痛めることが多いため、右利きの場合は右肘の外側が痛くなります。

しかしゴルフの場合、右利きの人は左手がバックハンドのような動きになるため左肘の外側が痛くなるんです。

この上腕骨外側上顆という部分は多くの筋肉が集まる部分です。

上腕骨外側上顆

指を反らす筋肉手首を反らす筋肉がついています。

上腕骨外側上顆炎

そのため指や手首に負担がかかりすぎると、この部分に炎症が起きてしまうのです。

ではゴルフにおいてどのような動きが負担になっているんでしょうか?

自分に当てはまるものがないか確認してみてください。

左肘の外側が痛くなる原因は?

ゴルフ肘のような筋肉の炎症は過用(使いすぎ、オーバーワーク)が原因になってることが多いです。

またはダフる(地面を打つ)などして強い衝撃を受けた時に炎症を起こします。

今回は主に考えられる原因を4つあげました。 

実は日常生活の姿勢仕事内容もゴルフ肘になりやすい原因の一つなんです。

解説していく4つの原因は

・デスクワークなどで肘の筋肉が硬くなっている
・レイドオフが強すぎる
・左手のグリップが強すぎる
・ストロンググリップにしすぎている

になります。

それぞれ一つずつ見ていきましょう。 

デスクワークなどで肘の筋肉が固くなっている

まず一つ目は日常生活に原因があるパターンです。

普段からデスクワークでパソコンを使っている人は要注意です。

デスクワーク

キーボードを打つ時に手首や指は何回も反る動きを繰り返します。

それが反復されることにより肘の外側の筋肉が硬くなります。

筋肉が硬い状態のままゴルフの練習をすることで、筋肉が骨についている部分にストレスがかかります。

これが左肘の外側のゴルフ肘になる原因のひとつです。

ちなみに肘の外側が痛くなるのをテニス肘と呼ぶと説明しましたが、実はピアニストや主婦にも多いのです。

ピアニストも手首を頻繁にそらすため負担がかかります。

また、主婦も炊事や洗濯などで手首を反らす頻度が多いのでテニス肘になりやすいのです。

日常生活に思い当たる節がある方は、手首や指を反らす動きを反復しないかを確認してみましょう。

レイドオフが強すぎる

次からはゴルフスイングに原因があるパターンです。

一つ目の原因としてトップでのレイドオフが強すぎること。

最近はレッスン書などでもダスティンジョンソンなどを中心にレイドオフのトップが多く取り上げられています。

レイドオフとは右の手首を反らし、左の手首を曲げる形です。

過度なレイドオフはゴルフ肘の原因に

過度にやりすぎると左肘の外側の筋肉が伸ばされた状態になります。

トップまで上げてきたクラブを切り返ささなきゃいけないためです。

ましてクラブのセンターには重いヘッドが付いているのでその負荷がかかります。

このように過度なレイドオフの意識を続けすぎると、左肘の外側の筋肉に負担がかかってしまうのです。

左手のグリップが強すぎる

2つ目の原因は左手のグリップが強すぎることです。

指を強く握る(握力)筋肉は肘の内側に付いてます。

これはゴルフ肘の記事でも説明しました。

じゃあ外側は関係ないんじゃないか?

と思う方もいるかもしれません。

しかし筋肉は常にペアで働いています。

つまり指を強く握ることによって肘の内側と外側の両方の筋肉が働きます。

試しに肘の外側を触りながら指を強く握ってみてください。
上腕骨外側上顆の位置
この辺です!

筋肉がぽこっと動くのが分かりますか?

グリップが強いことも負担の一つになっているのです。

ストロング(フック)グリップにしすぎている

3つ目の原因はストロンググリップ(フックグリップ)にしすぎているということです 。

ストロンググリップは左手をかぶせるように握るグリップのことです。 

スライスなどで球がつかまりづらい方によく使われるグリップです。

ストロンググリップとスクエアグリップの違い

スクエア(まっすぐ)なグリップでは、中指までの拳が見えます。

しかしストロンググリップでは左手をかぶせるため薬指や小指の拳まで見えます。

このようにして握るとあることに気付きませんか?

そう!手首が反りやすくなるんです。

スクエアグリップに対してストロンググリップの方が左手首が反っている状態になります。

つまりストロンググリップが強すぎると左肘の外側に負担がかかってしまうのです。 

左肘のゴルフ肘の痛みを和らげるには?

では左肘の外側の痛みを和らげるにはどうしたらいいのでしょうか?

方法としては「筋肉を柔らかく」「負担のかからないスイングにする」ということです。

また日常生活で負担のかからない姿勢をとることが大事になります。

手首のストレッチをしよう

まず手首のストレッチをして肘の外側の筋肉を柔らかくしましょう。

一つ目は運動後におすすめな静的(スタティック)ストレッチです。

静的ストレッチはじわーと伸ばし続けるようなストレッチです。

静的ストレッチは筋肉を柔らかくすることはできますが、運動前にはあまりオススメできません

理由を知りたい方はこちらをご覧ください!

やり方は簡単です。

伸ばしたいほうの手を前に出し、

ゴルフ肘のストレッチ

反対の手で手首を掴み手のひらの方に曲げていきます。

ゴルフ肘のストレッチ

肘の外側が突っ張る感じがしますか?

物足りない方は更に時計回りに回して行ってみましょう。

ゴルフ肘のストレッチ

内側に捻った状態から手首を曲げます。

ゴルフ肘のストレッチ

その状態で20秒ほどキープします。

これを毎日2、3回繰り返してください。


二つ目としてラウンド前には動的(ダイナミック)ストレッチが必要です。

動的なストレッチとは常に動いているストレッチです。

筋の反応を高めつつ柔らかさを出すにも効果があるので運動前にオススメです。

わかりやすい例としてはラジオ体操が挙げられます。

ラジオ体操

ではさっそく左肘の外側のストレッチを紹介していきます。

まず両手でクラブを持ち、前に出します。

ゴルフ肘のダイナミックストレッチ

7番アイアンくらいでいいです。

痛みがある方はなるべく軽いクラブにしましょう。

クラブを持って重みを感じる方は何も持たなくても OK です。

その状態で手首を上に反らします。

ゴルフ肘のダイナミックストレッチ

下に曲げてをゆっくり繰り返して行きます。

ゴルフ肘のダイナミックストレッチ

これを反復することで筋肉が伸び縮みし、筋の緊張感を保ったまま柔軟性を出すことができます。

今度は逆手に握って同じように上下に動かしていきましょう。

ゴルフ肘のダイナミックストレッチ

握って上に曲げる。(見切れててすみません・・・)

ゴルフ肘のダイナミックストレッチ

下に反らす。

ゴルフ肘のダイナミックストレッチ

肘周りの筋肉が動いてることを感じながらやってみてください。

トップの形を確認しよう

次にご自身のトップの形を確認してみましょう。

先ほども説明したようにレイドオフになりすぎていては、左肘の外側に負担がかかってしまいます。

鏡などで確認してもいいですが、スイングを撮影して確認することをオススメします。

撮影の仕方はこちらを参考にしてください。

なぜ撮影した方がいいのかと言うと、スイング中には慣性が働いているからです。

慣性とは動いているものが動き続けるという原理です。

慣性の法則

つまり自分ではレイドオフになりすぎないように止めているつもりでも、 スイング中はより大きくなっている可能性があるのです。

そのため一度スローモーションなどで撮影して確認してみる必要があるのです。 

仕事中やアドレスで猫背になっていないか?

最後に日常生活の姿勢も見直してみましょう。

実は猫背の姿勢とゴルフ肘には関係があるんです。

猫背になると肩が前に出てきます。

猫背

その状態でパソコンを使ったり何か作業をしようとすると、常に手首が反った状態になりやすいです。

しっかり背筋を伸ばして肩甲骨を寄せた姿勢を取れていれば、手首はまっすぐの状態で使えます。

これはゴルフのアドレスにも同じことが言えます。

猫背で構えている方が手首が反った状態になりやすいです。

右手も反った形になるので両手を上からグリップすることになります。

関係なさそうに見えるのですが、 肩から手首は繋がっているのでこういったところが原因になっている可能性もあります。

まとめ

今回は左肘の外側が痛いタイプのゴルフ肘についてまとめました!

正式名称を「上腕骨外側上顆炎」と呼びます

内側と同じく筋肉が集まる場所なので痛くなりやすいんでしたね。

原因としては、

・肘周りの筋肉が硬い
・負担のかかるスイングをしている
・日常生活で酷使している
といったものがありました。
ストレッチを行ったり、日常の使い方を見直して痛みは早いうちに改善しましょう!

何かわからないことがあれば気軽にメッセージ待ってます!

ここまでご覧になっていただき、ありがとうございました!

ケガや痛みの予防
スポンサーリンク
ケイ

<資格>
理学療法士(整形外科勤務)
EAGPT Golf Physio Trainer

<活動内容>
北海道のゴルファーの競技寿命を伸ばすために、メディカルチェックなどの活動をしています。

SNSもやってます!よければフォローしてくださいね!
参考になったらゴルファー仲間にもシェアしてください!
SNSもやってます!よければフォローしてくださいね!
スポンサーリンク
ゴルフィジオ
タイトルとURLをコピーしました